ピラティスのUXについて考えてみた

今日、会社の元後輩(現フィットネスインストラクター)がこんなことをつぶやいていました。

ピラティスとは、ヨガみたいに呼吸法を使いつつ、体幹を鍛えるっていうアレです。いまやフィットネスクラブや専用スタジオでも人気プログラムだと思います。

ピラティスをやる理由とは?
確かに彼女の言うとおり、ただやってみたい〜っていうだけではなさそうです。
いや、まぁそういう人もいるかもしれない、流行ってますから。
ピラティス、実は私も一時やってたことがあります。その時は

  1. 自身の体をコントロールできる人でいたい
  2. すなわちスタイルをよくしたい
  3. 筋肉つけて基礎代謝をあげたらいいみたい
  4. 体幹を鍛えたら基礎代謝あがるらしいし、他にもいろいろいいみたい

みたいな感じだったかなぁと。(知識的な部分は雑誌のTarzanあたりで得たものです。)
さらには人から「きちっと身体もコントロールできる人だと見られたい」だったかもしれません。ざっくりいうとなりたい自分(欲求)があって、その手段としてのピラティスです。

でもってなにかに似ているなぁと思ったら、そうだ(広義で)UXだと。
続きを読む »

広告