Twitterアカウントは安易に交換しないほうがいいのかも

投稿者: Megumi Onoda

Placeholder image from flickholdr.com
ここ1年ぐらいで利用者がぐっと増えた Twitter。初対面でもご挨拶代わりに Twitter アカウントを交換し、フォローしあうといったことが普通になってきました。しかし安易にフォローしあうとあとで困ったなと思うことがあることもしばしば。
もちろん、Tweet 内容が多少カジュアルにプライベートな感じになることがあったりするのは理解できますし、それによって親しみがわき、反応しあうことでもっとよく知り合うことができたりしてよかったなーと思うこともたくさんあります。
実際の知り合いや友だちで本人をよく知っている場合であれば多少変なことを口走っていたとしても「あー、またやってるな」ぐらいにしか思いませんし。
※あまりにもアレな場合は本人にちょこっと別ルートで言ったりすることはあります…。

フォロー、リムーブは基本自由ですし、何をつぶやこうが自由ですし、だからなんだっていうことに対していちいち目くじらたてるのは違うと思ってはいるので基本スルーですが(まぁそれもあってかまわないと思いますが)、実はそうもいかないこともけっこうあるわけで。
初対面だと相手の顔も見えるせいかたいがいの人がお行儀よく、感じがいいものです。仕事絡みであったりするとさらに。
Twitter でもそういった礼儀や振る舞いをそのまま反映したようなつぶやきであれば特になんということはないのですが、たまにそうではないことがあって少々とまどうことがあります。

よく知らないままフォローしておいてから初めて「え、こんな人だったの?」と思うようなびっくりする Tweet があったり、何があったかわかりませんが(あるいは Tweet 内容からそれさえもまるわかり)フォローした当初からがらっと Tweet 内容が変な方向に変わってしまったり、ごくプライベートな私信をたびたび流されたり…、といったことがあると、ちょっとこの人の Tweet をこのまま追いかけると今後どんな目で見たらいいのだろうと困惑することがたびたび。
気にしなければいいのでしょうが、なかなかそうもいきません。

震災からこちらは原発や政治や社会に対する個人的見解がかなりダイレクトに聞こえてくるようになりました。
そもそものつながりが別のところであった人たちが、こちらでは「味方」でもこちらでは「敵」といった感じになっていることも珍しくない感じです。
わかりやすさからか、たいがいの報道やメディアや個人ブログが二極的な書き方をしていたりですが、そこに対して極端な言い方で噛み付いている Tweet もかなり見かけます。個人攻撃があったり、それをRTしていたり。かなり強い口調で。
ちなみに私はいずれにおいても思うところはあってもそういった内容に関しては Tweet を控えています。
どれも正解ということはなく、いろんな側面をもっている問題であり、140文字で単発で流せるようなものでも、顔の見えない相手と顔の見えないまま議論したところでこじれるだけだと思うので。
実はこのブログを立ち上げたのもそういったことが一因だったりします。

とはいえ、どんな Tweet もかまわないと思っています。いわれのない個人攻撃のようなものはよくないとは思いますが、それはそれなりな対応をすればある程度はやりすごせると思うので。
そんなこんなで一番の解決策はやはり「リムーブ」だと思います。中途半端に関係性のある人はなかなかリムーブしづらいものですがそこは割り切るとかなりスッキリです。また「フォロー」することもあると思っていればかなりラクです。
わざわざ「リムーブされたー」とか騒ぐ人はほとんどいません。騒がれたところでそんな人むしろリムーブしてよかったと思えるはず。相互にしてた場合そっと外されるか気にされないか、だけです。
ということで、そもそも簡単にフォローしないでおくか、基本そんなつもりでお気軽にリムーブしたら(プロフィールに書いている方もいますね)もっと軽やかに使えるのではと思います。

広告